妊娠中にマツエクはしていいの?赤ちゃんへの影響と注意点

女性のまつげ

なにかと制限が多くなる妊娠中ですが、ママになってもきれいをキープしたいもの。

とくに産後はメイクなしで過ごす時間が増えるため、「マツエクを付けておきたい!」という方も多いのではないでしょうか。

妊娠中でも問題なくマツエクはできるものの、ママの体調が不安定な時期は注意する必要があります。

今回は、妊娠中にマツエクをする場合の注意点や、赤ちゃんへの影響について紹介します。

 

妊娠中のマツエクはOK?赤ちゃんへの影響は?

まつげエクステ

妊娠中でもマツエクをつけることは問題なく、おなかの赤ちゃんへの影響はありません。

マツエクには専用のグルー(接着剤)を使用して施術をおこないます。

妊娠中はホルモンバランスの変化で肌が敏感になっているため、グルーの刺激でかぶれる場合があります。

普段よりも肌トラブルが起こりやすいと理解しておきましょう。

過去にアレルギー症状が出た方は、妊娠中の施術は控えることがおすすめです。

また、きれいな状態をキープするためには定期的なメンテナンスがかかせません。

サロンへ通う必要があるため、体調が安定している時期を選びましょう。

 

妊娠中にマツエクをするときの注意点

注意点

体調に合わせて無理をしない

体調が不安定な妊娠期間にマツエクをする場合は、ママの体調を最優先し無理をしないことが大切です。

とくにつわりの時期は、消毒液や接着剤の匂いで気分が悪くなる場合もあります。

予約する際は、妊娠中であることを担当スタッフに伝えておきましょう。

 

体勢に注意する

マツエクの施術は主に仰向けでおこなうため、おなかへの圧迫に注意が必要です。

とくにおなかが大きくなってくると、長時間の仰向けはからだに負担がかかります。

妊娠後期にマツエクサロンへ行く場合は、できるだけ楽な体勢を探し、おなかに負担がかからないようにしましょう。

リクライニングソファを導入しているサロンがおすすめです。

 

短時間のメニューを選ぶ

妊娠中にマツエクをする場合は、できるだけ短時間のメニューを選びましょう。

マツエクのメニューや時間はサロンによって異なるものの、つけ放題は2時間前後、リペアは1時間前後がほとんどです。

長時間かかるつけ放題は、しっかりと体調と相談するか、産後の楽しみにとっておきましょう。

妊娠中のマツエクは短時間で終わるリペアをメインにするのがおすすめですよ。

 

まとめ

まつエク施術中

妊娠中のマツエクは問題なく、赤ちゃんへの影響はありません。

しかし、なかには万が一を考えて妊婦さんの施術をお断りしているサロンがあることも事実です。

妊娠中にマツエクをしたい場合は、事前に妊婦であることをしっかりと伝えてくださいね。

ママの体調とおなかの赤ちゃんの状態を最優先して、無理のない範囲でおしゃれを楽しみましょう。

 

コメントは受け付けていません。

特集