これってディーマー?授乳がつらいと悩むママへ、経験者からのアドバイス

悩む母親

妊娠と出産を乗り越え、やっと会えた愛おしくてたまらない我が子。

しかし、「授乳をするのがイヤ」「母乳育児がつらい」と感じるママも少なくありません。

この症状はママのせいではなく「ディーマー」という生理現象です。

筆者もそのうちのひとりで、なかなか周りに相談できず悩んだ経験があります。

今回は、ディーマーへの対処法や筆者の経験談を紹介します。

授乳がつらいと悩むママの気持ちが、すこしでも楽になれば幸いです。

 

ディーマー(不快性射乳反射)ってなに?

悩む女性

ディーマーとは、赤ちゃんへの授乳が不快に感じることです。

不快性射乳反射とも呼ばれており、授乳する前後に以下の症状を感じます。

 

  • 不安
  • 悲しみ
  • いらいら
  • 恐怖

 

ネガティブな感情、吐き気や涙がでるなど、授乳するたびにさまざまな不快症状が現れます。

 

ディーマーが起こる原因

ディーマーが起こるはっきりした原因は解明されていないものの、「ドーパミン」が関係しているといわれています。

ドーパミンとは幸せホルモンと呼ばれ、喜びや意欲をもたらすはたらきがあるものです。

母乳を作る際にドーパミンを下げてしまうホルモンも分泌されるため、不快症状につながるとされています。

症状の有無は人によって異なるものの「愛情が足りていないのかも…」と心配する必要はありません。

 

ディーマーはいつまで続く?

ディーマーは、期間も症状も人によってさまざまです。

徐々に落ち着くママもいれば、授乳の期間がおわるまで症状が続く場合も。

筆者の場合は、授乳が始まってから3分ほどで不快な症状は終わるものの、断乳するまで続きました。

 

不快な症状への対処法

母親に抱っこされる赤ちゃん

ディーマーの不快症状への対処法は、できる限り授乳から意識をそらすことです。

お菓子を食べたり、音楽をきいたり、リラックスしながら授乳しましょう。

また、母乳にこだわりすぎず、無理せずにミルクに切り替えることも有効ですよ。

 

筆者の経験談

笑顔の親子

筆者の場合は第1子を出産後、はじめての育児・授乳でディーマーを経験しました。

「人間ではなくなったような感覚」や「ゾワゾワとした恐怖や不安」が現れ、授乳の時間が苦痛でした。

「自分には母性がないのでは?」と、産後のホルモンバランスも相まって不安定になり涙がでることも。

できるだけ授乳のことを考えずに対処していましたが、産後1ヶ月ごろに完全ミルクに切り替えました。

ディーマーという言葉を知ったことや、母乳にこだわらずミルクでも問題ないと聞いて、気持ちが楽になりましたよ。

 

まとめ

ミルクが入った哺乳瓶

ディーマーによるさまざまな不快症状は生理現象であり、ママの愛情不足ということはありません。

授乳がつらいと感じたら無理しすぎず、ミルクへの切り替えも検討してくださいね。

コメントは受け付けていません。

特集