ドリームフィーディングってなに?夜によく寝てくれるようになるコツとは

寝ている赤ちゃん

「夜間授乳が辛い」

「睡眠不足がずっと続いている」

 

こんなお悩みを持っているママにおすすめのドリームフィーディング。

赤ちゃんが夜にぐっすり眠るようになる、とっておきの魔法をご紹介します。

 

ドリームフィーディングとは

間接照明と観葉植物

ドリームフィーディング(ドリームフィード)とは、赤ちゃんが寝ている状態のまま授乳したりミルクを飲ませる方法です。

赤ちゃんは眠りながらミルクを飲むことができます。

その力を利用することで、赤ちゃんは空腹で夜中に目を覚ますことなく、睡眠を持続させることができます。

科学的にはまだその効果は実証されていませんが、多くの小児科医が推奨している方法です。

 

ドリームフィーディングのメリット

meritと書かれた紙

ドリームフィーディングを行う最大のメリットは、赤ちゃんもママも夜にぐっすりと眠れることです。

空腹で夜に泣いて起きる赤ちゃんに授乳するのが辛いママには嬉しいですよね。

反対に、まとまって眠るようになり、夜におっぱいが張って乳腺炎が心配なママにも効果的です。

 

ドリームフィーディングのコツ

寝ている赤ちゃん

ドリームフィーディングを上手に行うにはいくつかコツがあります。

 

①部屋を明るくしない

ドリームフィーディングは暗い部屋で行いましょう。

部屋を明るくすると、自然に起きやすい環境を作ってしまいます。

 

②おむつは替えない

近頃の紙おむつは8〜12時間ほどの耐久性があり、夜通し替えなくても漏れる心配はありません。

うんちをしていたり、おむつかぶれがない限り、多少おしっこをしていても替えなくても大丈夫です。

 

③話しかけない

ドリームフィーディングは静かに行うのが基本です。

昼間の授乳はたくさん話しかけて笑いかけて行うのが良いとされていますが、ドリームフィーディングは起こさないように静かにあげましょう。

 

④睡眠のリズムを定着させる

赤ちゃんに夜ぐっすりと眠ってもらうためには、毎日同じ時間に行うことが大切です。

起きる時間や寝る時間、その間のドリームフィーディングの時間も毎日同じ時間に行いましょう。

 

まとめ

薄暗い寝室

赤ちゃんには個人差があるので、すべての赤ちゃんにドリームフィーディングが効果があるとは言えません。

しかし、睡眠不足で悩んでいるママさんには一度試してみることをおすすめします。

最初はうまくいかなくても、まずは1週間続けてみてくださいね。

ドリームフィーディングがうまくいけば、子育てに少し余裕が生まれるかも知れませんよ。

コメントは受け付けていません。

特集